幽霊は居るの?続き

幽霊を見た事がある人はどれくらい居られるのでしょうか。
私も2度ほどそれらしきものを見た事があります。
中学生の頃、金縛りに遭った時に、白い顔のようなものが無数に見えたのと、
成人してから金縛りに遭った時に、寝ている側を猫のような生き物が近づいてくるのを見ました。(猫は飼っていません)

契山館に入会してからはそのような事は無くなりましたが、その時はすごく怖かったのを覚えています。
そのような経験をした事がある人は、霊や魂を信じているかと思います。

金縛りにも、単なる肉体の疲労が原因の場合もありますし、
私達にはどんな金縛りが霊的な金縛りなのかはわかりません。

もしも、頻繁に金縛りに遭ったり、霊を見るという人は、幽体に不調があるかも知れません。

まずは、契山館のホームページ
「霊をさぐる」
http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/
「たましいの帰り道」
http://web3.incl.ne.jp/kaede/
を隅々までご覧になっていただき、霊に関する知識を得ていただきたいと思います。

何かしら怖い思いをされた方は是非、水波霊魂学を知って下さい。
正しい知識と対策法を知れば、きっと怖くなくなります。

投稿者 ちりこ

修行仲間の方から絵を頂きました(*≧∇≦)b
龍k
龍は想像上の生き物だと思われていますが、実際に存在します!
詳しくはこちら!
龍 - 霊魂の世界から舞い降りた霊力
http://amzn.asia/5YqkC2y

ふーみん

幽霊は居るの?

幽霊といえば、ホラー映画に出てくるような、白い服を着た髪の長い女の幽霊とか、
子供の幽霊を思い浮かべる人は多いと思います。

幽霊とは幽体の霊魂です。
世間のイメージとしては、あの世に逝かず、
この世に執着しているのが幽霊と言えるかも知れません。

死んでからもこの世に居る人や動物が幽霊だとすれば、幽霊はたくさん居ると思います。
居たとしても、悪影響が無ければ何も問題はありません。

人は誰でも霊魂と関わっています。
見えなくても、知らない間に干渉されていたり、見守ってくれていたり…。
私は関係ないと思っている人にも、きっと関わりがあります。

出来れば、イタズラするような霊魂ではなく、
指導してくれたり、守護してくれる高級な霊魂と関わりたいですよね。

その為には、霊に関する正しい知識と、
霊的に悪い状態にならないようにする方法を知る事が大事です。
契山館では、水波霊魂学を学び、霊的トレーニングを実習する事で、
悪い霊魂に干渉されなくなり、自身の守護霊、指導霊と関わり、霊的な成長が出来ます。

幽霊が見える人も、見えない人も、悪い霊魂からの影響を受けたくない人は、是非、水波霊魂学を知って下さい。

投稿者 ちりこ

神伝禊法 - 新時代の霊的トレーニング

僕はこの本で入会しました!
今は新しい本になって少し内容も変わりましたが、
昔は、ネット上で読む事が出来たので、
この本を読んで、
今まで探し続けた「死んだ後に高級な世界へ行く方法」が
分かったので、凄い衝撃でした!
この本を読んでから、
ほとんど眠らずに1週間くらいかけて契山館のホームページを
隅から隅まで読んで、入会しました。

契山館では禊法が習えるのですが、
実際にどんな感じなのか?っていうのが少しは分かると思います。
気になる方はこちら!
神伝禊法t
神伝禊法 - 新時代の霊的トレーニング
http://amzn.asia/aQZ6gfr

ふーみん

先祖供養

職場の人に「墓参りに行かないなんて罰当たりが!先祖が可哀想!」と(-.-;)

そもそも死後の世界の事さえまともに信じていない人が偉そうに^^;

本当に死後の世界を信じて、先祖や死んでしまった人を救いたいなら、
真剣に調べて欲しいと思います。

先祖や、死んでしまった人が下の世界にしか入れなかった場合は、
通常は救う事は不可能です。
(※ですから、何度も言っていますが生きている今の間が一番大切なんです!!)

通常は不可能ですが、
先祖の幽体が下の世界に相応しいから、その世界に居ます。
ですので、高級な幽気を吸収させれば、
幽体が成長し、上の世界に入れるようになります。

しかし、幽質の世界には、
住んでいる世界と同レベルの幽気しかありませんので、
高級な幽気を吸収する事が出来ません。
(※何度でも言いますが^^;生きている今しかありません!!)

ですので、通常は無理ですが
http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/13senzo-no-kuyou.htm
ここに書かれてあるように、歴史的な達人が特別な儀式を行い、
先祖を探し出して、霊的な気を与えてもらえば、救う事が出来ます。

他にも、たまたま、運良く、先祖が物質の世界に戻って来た時に、
子孫が高級な幽気を放っていれば、しばらくそばに居るだけで成長出来ます。

ですので、本気で先祖供養をしようと思えば、
とりあえず、会いに来る可能性がある自分の幽体を成長させる必要があります。
そして運良く、歴史的な達人が儀式を行って下されば、救って頂けます。

子孫が墓参りとか先祖供養をちゃんとしていない!って怒りだす先祖もいるようですが、
そもそも幽体をしっかりと成長させておけば霊的障害なんて心配しなくても大丈夫ですし、
子孫の光り輝く幽体を見て感動して泣くだけだと思います。

何度も言いますが(笑)
チャンスは生きている今しかないです!

ふーみん

信仰心があるなら

私の家族や親戚は、皆がそれぞれの信仰心を持っています。
母親は某新興宗教団体に所属していますし、叔母もまた別の宗教団体に所属しています。
祖父と祖母はもう亡くなりましたが、浄土真宗でした。
そして私は契山館です。

それでも、宗教や信仰の事でそこまで揉めたりしませんし、
それぞれが自由に信仰している、という感じです。
何度か母親が、その宗教団体への入会を勧めてきましたが、
「私は別のところを信仰しているから、大丈夫」と言ってからは、勧めてこなくなりました。
それでも幸いな事に、親子関係は表面的には良好です。

私は以前、皆ご利益ばかり求めて、何をしてるんだと、他の信仰を否定していましたが、
今は信仰心があるだけ良いのかも知れない。と思うようになりました。
それは、現代人が科学を信仰し過ぎているからです。
前にも書きましたが、無神論や唯物論では、
死後の世界に入った時に大変な事になります。
科学はあの世では通用しません。あの世は物質ではないからです。

科学を信じる人はまず、物質ではない存在に心を向けて頂きたいですし、
神仏を信じる気持ちがある人は、ご利益より一歩先に進んで、真実を求めて頂ければ、と願っています。

霊や神様に興味があり、本当の事が知りたい方は是非、水波霊魂学を知って下さい。
そして、水波一郎師の著書をご覧になって下さい。

投稿者 ちりこ

神体 - 偉大なる魂の生涯

人間が死ぬと、幽体を使用して、幽質の世界に行きます。
その幽質の中でも一番上の辺りの方々は、一般の人から見ると
光り輝いている天使や菩薩のような高級な存在です。

そんな高級な存在よりも、更に高級な存在が霊体の存在です。
一般の人からは見る事さえ不可能なくらい、
もう幽質とは質自体が全く違う霊質の世界にいる高級な存在です。

人間がこの世界に行くのは、通常は不可能です。
この世界に行った人は、何千年、何万年の人類の歴史で、まだ数えるほどしかいないそうです。
それくらい高級な世界です。

そんな高級な世界よりも、更に質が違う高級な世界があります。

それが、神質の世界です。
神質の世界では、神質の身体、神体を使用しています。
正真正銘の神霊です。

神体を使用している存在はメチャクチャ高級ですが、
そんな高級な世界から、人類の為に
霊質の世界に下がり、幽質の世界に下がり、
更に物質の世界に産まれた存在が6人います。

そのうちの1人が、この世に産まれてから死ぬまでの話です。
メチャクチャ面白いに決まっているので是非読んでみて下さい!(*´艸`*)
神体t
神体 - 偉大なる魂の生涯
http://amzn.asia/8hLuDlI

ふーみん

死後の世界で恋をして - - 愛って?

物語なので読みやすいし、普通に面白いです(*≧∇≦)b

死後の世界の恋愛の話ですが、
それよりも死後の世界の生活が分かって面白いです(´∀`人)

死後の世界はご飯を食べる必要も無いし、眠る必要も無いし、
昼も夜も無いし、仕事をしたりとか特にやらなきゃいけない事も無い世界なので、
そんな世界で人間たちはどんな暮らしをしているのか?気になった方はこちら!
死後の世界で恋をしてt
http://amzn.asia/iNOrR25
外国人とも、動物とも言葉が通じて話せるし、空も飛べるし、
念で色んな物を作り出す事も出来るし(*´艸`*)
今の一般の人が行く世界よりはだいぶ上の世界の話だと思いますけど^^;
面白いと思います(*≧∇≦)b

ふーみん

幽体と霊体の違い

水波霊魂学では、幽体と霊体を違う霊的身体としています。

幽体は幽質の身体、霊体は霊質の身体です。

人が死を迎え、その後過ごす世界は幽質界です。
幽質界は、質の高い世界から、とても低い世界まで無数に存在します。
死んだら人それぞれの幽体の質に合った世界へ行くようです。
霊質界へは、普通の人は行く事は出来ないと思われます。
霊質界へ行くには、霊的なカルマを解消し、霊体を成長させ、意識も成長させる必要があります。
霊体にはカルマが無く、この世の存在からすると、とても高級な存在です。

人にも霊体はあります。普通の人の場合、霊体の成長の仕方は人それぞれのようです。

契山館では、その霊体をも成長させる技法を習う事が出来ます。

人は、死んだらあの世へ行く。
実はそれだけで終わりではありません。
もっと別の高級な世界へ行く事も可能なのです。
人は幽体だけではなく霊体を持ち、更に、高貴な意識も持っているからです。

まずは、幽体の不調を改善し、幽体に活力を与え、幽体を成長させるのが、
この世の人々にとって一番大切な事だと思っています。

皆さんも幽体を成長させ、霊体を成長させて、死んでからも続く長い修行の旅を始めてみませんか。

投稿者 ちりこ

地獄

死後の世界を信じない人は仕方がありませんが、
信じている人は地獄を甘く見ない方が良いです。

死後の世界にはハッキリとした境界線は無く、
ここからが天国で、ここからが地獄というものではありませんが、
下の世界は、地獄と呼ぶのにふさわしいくらいに、辛く大変な世界です。

死後の世界は自分のレベルに合った世界にしか住めないので、
周りの人はみんな自分と同レベルの人ばかりです。
自分の胸に手を当てれば分かると思います(笑)

今の世の中には自分勝手な人が多いと思います。
特に、愛とか、感謝って言う人ほど個人的には信用していません^^;
徳を積むとか、利他愛が大事とか、感謝しましょう^^とか、
結局、自分の為に徳を積んだり、善い事を行っている人たちだと思っています^^;
天国に行く為とか、感謝されると嬉しいとか、善い人だと想われたいとか、
名誉の為とか、結局自分勝手で未熟な意識で動いているだけです。
仮に本当にこうした未熟な想いが全く無い人でも、
ニュースを見て怒ったり、職場や近所に嫌いな人が一人や二人はいると思います。

これだけ自分勝手な人ばかりで、
警察も居ない、法律も無い世界で、
攻撃的な事を想うだけで、相手に念が突き刺さる世界は、
ちょっと想像しただけでも地獄だと思います。

しかも、物質の世界では、どちらかが死ぬと終わりですが、
幽質の世界では死ぬ事さえ出来ません。
苦しみがずーっと続きます。

しかも、実際に行ける世界は、自分勝手とか心で決まるのではなく、
幽体の状態によって決まりますので、
今の世の中の霊的な状況では、もっと下の世界に入ると思います。

決して下の世界を甘く見ない方が良いと思います。
少しでも上に行きたいなら、幽体の状態を良くする事です。
愛とか、感謝とか綺麗事に惑わされずに、
自分で幽体の状態を良くする方法を調べてみて下さい。

ふーみん