2018/06/12

スピリチュアルランキング

新ネタです。

この契山館大阪支部のメンバーによるブログのサイトをより多くの人に早急に知って頂かなければならないと私を含めて数名の方々が動いておられます。

目的はもう3兆9億回書いているのでご存知かと思いますが、とにかく一人でも多くの方に神伝の法である基礎行を始めて頂きたいからです。
もちろん、ご本人のご意志でその先もどんどん修行を進めていって頂ければ最高なのですが、もはやそんな寝言を言っている時間は無さそうだというのが、私を含めて数名の方々の霊的感性です。
最初のラッパは7月かもしれないと真剣に考えていますから。

大災害によって多くの方が亡くなり、交通機関やインフラがやられると修行者としての霊的な活動がかなり制限されます。
上の存在の方も死後一人でも多くの方が救えるよう大変な活動が始まり、それ以外のことに手がまわらなくなりますし、私たち修行者としては今最も重要な支部集会が開けなくなります。

それなりの段階に進んだ修行者の方は、多くの方が亡くなろうが、支部集会ができなくなろうが、己が心をしっかり持って、食料水が手に入らなくなるような状況になるまでは、日々真剣に家で霊的トレーニングである神伝の法さえやっていれば、霊的にはなんの問題もないのかも知れません。指導霊がついておられれば。

霊的な法則というものはそういうものであり、神伝の法とはそれほどなにもかも超越した物凄いものなのです。
霊の禊などは、霊質界のあまりにも高貴な霊魂をなんと媒体として行うものなのです。
だからこそ、地上の修行者は指導霊団からみそくそに言われるのでしょう。
地上では必要もないような霊体までも鍛えに鍛えているような存在が、地上でなにをやらかしているんだという話です。

私たちとしては、多くの方々が阿鼻叫喚の中亡くなって欲しくないということもありますが、死後救われる可能性がある方は救われて欲しいという強い思いがあります。
それは指導霊団の思いでもあります。
死は必ず誰にでも訪れるのですから、彼らにとっては死後が問題なのです。

いずれにしても、時間がない状態で与えられたツールはそんなにはありません。
最終的には基礎行をやってもらわなくてはならないのです。

一つは、師の著書。
こちらをどれでも良いので読んで頂いて霊的に目覚めて、基礎行を始めて頂くこと。

一つは、支部集会。
今や地上では唯一とも言える、霊的な綺麗な場所、高い気が降りる場所。こちらにいらっしゃって頂いて、なにかきっかけをつかんで頂いて基礎行を始めて頂くこと。

もうこれしかありません。
そのためだけにこのブログのサイトは存在しています。
このサイトをより多くの方々にご覧頂きたい。
それだけで活動をしています。
その活動の一環としてもしお手伝い頂ける方がおられれば、一日15秒だけで良いのでご協力をお願いしたいのです。

このブログはスピリチュアルランキングというものに参加しています。
このランキングで上位を具体的には今の時点であれば、最低でも2位をキープしたいのです。
そのためには、ブログに貼ってある青いスピリチュアルランキングのボタンを一日一回毎日押して頂きたいのです。
それだけです。
ランキングのポイントは一人1日1回(正確には末端やルーターが異なればそれはそれで1人でも複数カウントされます。)なので、サイトを開く時間も含めて15秒もあればできます。

大阪支部をどうかしたいという思いは微塵もありません。
ただ、今は一点集中、一点突破なので力と時間を分散させないためにこれだけに全てを投入しているのです。

スピリチュアルランキングは、日々維持をしなければなりませんので、今後もしつこくお願いすると思います。

ということで、物理的な理由で支部集会もいつまで継続できるかわからないので、皆様7月の支部集会でお待ちしております。

8月が都合いいなということであれば、もちろん8月でも9月でも良いのですが、世の中が物理的にどのように変化しているかが全く読めませんので、直近の7月、7月と騒いでおります。

おはこ

コメント

非公開コメント

No title

何とか一人でも多くの人に目覚めて欲しいですよね!
って修行仲間が真剣に考えるだけでも指導霊団が動くはずなので、全ての修行仲間が真剣に考えてくれたら、世界は変わると僕は思っていますよ(*´艸`*)
今こそ力を合わせて頑張りましょう~!(´∀`人)
ランキングを上げたりとか、ほんの小さな事でも頑張る事によって、指導霊団も動いて、霊的な環境も良くなる気がしているんですけどね~。個人的には。

No title

このブログアップされてから押されている数が増えましたね。
ありがたいことです。
修行者全ての方々の心が一つになることは地上の人間である以上なかなか難しいとは思いますが、協力して下さる方がおられることに救われます。
嬉しいですよね。