2018/06/14

『神伝鎮魂法-幽体の救い-』-水波霊魂学のすすめ-

「鎮魂」という名で呼ばれる行法は、従来は、座禅や瞑想のような精神集中、精神統一の意味だと理解されていたり、死者の霊魂に対する慰めを目的とする行為を鎮魂としたり、霊魂の操作法、健康術、そして、種々の呪術などを鎮魂と呼ぶなど、おおよそ統一的な内容を持たないものでした。

さて、本書の「神伝鎮魂法」は、どうでしょうか? 上記のような捉えどころのない古めかしい行法の復活なのでしょうか? そうでないとしたら、本書で言う「神伝鎮魂法」とは一体どういうものなのでしょうか?

水波師は、「私の言う神伝鎮魂法は、現代人の為に改良した修行法なので、それら(従来の鎮魂)とは、目的も作法も異なっている。よって、同じ名前は使っていても、実質的には別のものであると言える。」と述べておられます。

というのも、時代は大きく変わり、従来の修行法が通用しなくなったからだそうです。人は神や
霊魂を信じなくなり、我々の周囲には低い幽気(霊的に汚れた気)が溢れ、少し移動するだけで、どこかで低い幽気に接触してしまう、現代はこのような時代であり、このような大変な時代にふさわしい、つまり、低い幽気や邪悪な霊魂への対処を前提とした、新しい修行法が是非とも必要になったのだそうです。

よって、「神伝鎮魂法」とは、まず、現代のような競争社会、ストレス社会において、必然的に飛び交う攻撃的な他者の想念により、幽体(死後の使用する霊的な身体)が傷つかないように幽体を成長、強化させる行法であると述べておられます。

さらに、それはとりもなおさず、死後の救いをもたらす、つまり、死後、幽体の損傷や不調のために辛く苦しい世界へ落ちてしまう危険性をなくすための、とても大切な行法でもあるとのことです。

もっとも、「神伝鎮魂法」は、幽体を強化するだけの技法ではなく、はるかに高貴な技法であると言われています。初伝では、まず、幽体の強化や成長を目的としていますが、次伝になると、「霊体」という、幽体とは異なるより高貴な霊的身体の成長を目的としており、さらに上位の研修を含めると、全部で5段階の研修プログラムがあるということです。

ところで、「神伝鎮魂法」の「神伝」とは何かについて、水波師は、「神霊からの伝法である。少なくとも、神霊の御意志を受けて、高貴な霊魂方が作成に加わられた技法でないと、神伝とは言えない。」よって、「私一人で神伝の法の次第など作成できない。学者の方がどのようにおっしゃるのかは知らないが、私にとっては、(何よりも大切なのは)神霊とその部下の高級霊魂なのである。よって、その方々がおっしゃるとおりに、神伝の法を指導する。」と述べておられます。

どうも、神伝の法の次第、作法の意味の分かりにくさは、神霊の意図を受けて、それを指導する高級霊魂の側の視点によって作成されているからのようです。よって、高級霊魂の関与があってこその修行法であり、とても物理次元の常識では捉えることができないもののようです。

このほか、本書では、「神伝鎮魂法」にかかわる様々な説明がなされていますが、詳しい次第などは記されてはいません。なぜなら、たとえ、次第を書いたとして、読者がそれを独習しても、全く成果が出ないからだそうです。現代のような霊的環境が劣悪な時代は、まず、神伝の法を指導する人たちが、高級な霊的空間を作るための儀式を行い、その高級な霊的空間に入ることが何よりも大切であり、それがあって初めて、神伝は力を発揮することができるのだそうです。

ただ、そうなると、信仰を嫌い、束縛を嫌がるという現代の風潮の中、「神伝鎮魂法」は、このトレーニングを行おうとする者に単なる技法の習得を越えた「信仰心」のようなものを求めることになります。

すると、それが多くの人々に受け入れてもらうためには、大きな妨げになるのではないかという疑問が呈されるかもしれません。

これに対して、水波師は、ここでいう「信仰」とは、伝統宗教のように特定の教義や戒律を守ることではなく、実際に存在している高級霊魂の力をお借りするのであるから、その際に礼儀を忘れない、ただ、それだけのことであり、人間として当たり前のことでしかなく、それは、信仰というよりも、霊的な現実を素直に受け入れる、ただそれだけであり、生き方は個々の自由、一人一人が自分で考えればいいことであると、おっしゃっています。

最後に、水波師は、以上のことから、「別の主張に傾倒している人や、態度が悪い人、不真面目な人を除けば、誰でも参加できるのが神伝の法なのである。(もちろん、国籍や民族は無関係である。)」「神伝鎮魂法は、未来の人類の為にも、最善の霊的トレーニングだ」と述べておられます。

なお、私は、この書を読んで、目からウロコの言葉どおり、大いに触発され、旧来の多様で捉えどころのない「鎮魂」という行法の迷宮から抜け出し、真の鎮魂法、「神伝鎮魂法」の深い意義を学ぶことができました。多くの方に読んでいただけることを願ってやみません。
http://amzn.asia/5Taar75

風と岩

コメント

非公開コメント

No title

次伝から霊体を成長させるって凄いですよね!
この凄さは一般の方にはなかなか伝わらないと思いますけど、たぶん昔のまだ霊的な環境の良い時代に、真剣に神を求めた修行者が一生かかって、霊体を少し成長させる事が出来るかどうか?くらいだと思います。
なぜこんな凄い事が出来るのか?っていうと「神伝」だからだと思います。
今の時代は霊的な環境が歴史上最悪なくらいですが、それと同時に「神伝の法」がある時代です。
昔の修行者が一生かかっても得られなかったような修行が出来る時代でもあるので、このチャンスを逃さないようにして欲しいと思います!

No title

神伝鎮魂法も何もかも読んで頂きたいです。
神伝の法を実践してもらうためです。
難解な部分は支部集会で質問してください。お待ちしております。