2018/01/09

年賀状

一年に一回の年賀状、
もうほとんど付き合いのない方が多く、毎年年賀状を出そうかどうか迷います。

だから、私は毎年年賀状をいただいてから返事を書くという形で年賀状を送っています。
もう出さなくてもいいのかなと思うのですが、
一年に一回年賀状をいただいた方の近況を知ることができて、
やっぱりそれはそれでいいのかなと、それも毎年思ったりします。

今年は、その中でも特に面白い~と思った年賀状がありました。
それは、昔お世話になった不動産の会社の営業の方の年賀状でした。
昨年の年賀状には、「私事で会社を辞めました。」と書かれてあって、
突然のことでびっくりして、もしかしたらいつも顔色が悪い印象があったので、
ご病気になって闘病を余儀なくされたのかもと勝手に思っていました。
そしたら、今年の年賀状には、「餃子のお店を始めました」と書かれてあってビックリ。
年賀状には、お店とおいしそうな餃子の写真が載せられていて、
営業のお仕事をされていた時のスーツ姿と、
餃子のお店の店長さんになって頭にバンダナを巻いた姿のギャップに、
人当たりのいい方ではあったけれど、すごい思い切った転職だな~と思いました。

それから、昔仏教の修行をしていた頃の修行仲間だったHさんの年賀状も印象に残りました。
修行でご一緒していたのはもう随分前になるのですが、毎年年賀状を送ってくれています。
時々Hさんの年賀状には何か修行に関わる一言が書かれていて、今年は、「修行してますか?」
確か昨年は、Hさんには、「仏教を離れました。」と書いたかな?
とにかく一年に一回なので覚えていなくて、今年はどうしようと思って、
「私は今、契山館というところで修行を習っていて、相変わらず修行一筋です!」と書きました。
Hさんも修行には熱心な方でしたが、今は家庭もあり仕事も忙しくもありで修行から離れているようです。
いつか私の年賀状を思い出して、「契山館」でインターネットを検索してくれて、
願わくば霊魂学に興味を持ってくれたらいいなと思いながら書いてみました。
そう、大事なことは、”種まき”だから、、多分。。

投稿者 こすず

コメント

非公開コメント

良い話ですね

本当に、知り合いの方が霊魂学に興味を持ってくれたら嬉しいですよね。もし、入会してくれたら…と想像すると泣けますね。

私も種まき、頑張ります!